Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Seasons.NET

ちょっとした技術ブログです

cocos2d-0.99.5がリリース(詳細リリースノート付き)

ちょっと紹介が遅れてしまいましたが、
cocos2d-0.99.5が正式にリリースされています。
元記事


ハイライトとしては、
※詳しくは、ここ

・Mac版アプリケーション制作サポート(別途Xcodeプロジェクトが付属)

・CCAnimationCacheが追加(SpriteTest.mを参考に)

・タイルマッピングにおける長きにわたるテクスチャ座標の問題を修正
 (0,0) - (w,h)でマッピングすると、横のテクスチャの影響をうけてしまい、テクスチャの間に隙間を空ける必要があった
   CC_FIX_ARTIFACTS_BY_STRECHING_TEXELが追加

・RetinaDisplayのサポート(ポイントとピクセルをあまり意識せずに制作することが可能に)
 99%は、ポイント座標で作成することが可能

・PVRテクスチャ周り

・EAGLView
 MSAAサポートした。EAGLViewを構築する際にMSAAを有効にすることができる。


・CCLayerGradientが追加
 グラデーションのかかったレイヤーを作れます。

・LabelBMFont
 複数行をサポート

・パフォーマンス
 VBO,Labelの描画が向上

・物理エンジン
 Chipmunk 5.3.4にアップデート

・テクスチャフォーマット
 PVR, PVR.GZ and PVR.CCZをサポート
 (TexturePacker)
 PVRテクスチャは、非圧縮テクスチャであるが、テクスチャ生成が4倍速度アップ
 ただしサイズは、10倍以上増える可能性あり。
 そのため、PVRをzip圧縮したテクスチャフォーマットcczなどの生成方法について説明
 (詳しくはリリースノートのところを参照)
 TexturePackerやZwoptexを使えば生成までサポート。
 
・各種API、クラス名の変更
 数が多いため、リリースノートを参照


いやー盛りだくさん!!リリース1.0が楽しみですね^^


ちゃんと私も開発者としてAUTHORSリストにも登録されました。
AUTHORSリスト