Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Seasons.NET

ちょっとした技術ブログです

cocos2d 1.0.1リリース

元記事

cocos2d 1.0.0がリリースされてまだ間もないですが、
はやくもBug Fix版がリリースされました。

Changelog:

[FIX] All: Implicit atomic properties converted to nonatomic
[FIX] All: Removed deprected code
[FIX] CCArray: copyWithZone fixed
[FIX] Director: renamed frames -> totalFrames. It works as expected, value is not being reset.
[FIX] Menu: If any ancestor is invisible, then touches won’t be accepted
[FIX] Node: vertexZ returns points, not “pixels”
[FIX] LabelTTF: don’t crash when calling description after dealloc
[FIX] Tests: [window release] instead of [window dealloc]
[FIX] Texture: TextureCache#dump reports the right info (issue #1205)
[FIX-MAC] CocosDenshion: Cleanup buffers to prevent noise

気になるところとしては、

・暗黙についていてatomicをnonatomicにした。
・Directorのframesの名前をtotalFramesに変更。
・NodeのvertexZをpointベースで返すようにした。
・CCLabelTTFでdealloc後にdescriptionを呼び出した時のクラッシュを修正(解放済みのメンバにアクセスしていた)
・[重要]TextureCacheのレポートを修正:結果正しくなった

といったところでしょうか。
1.0.0をお使いの方はアップデートをお願いします。