Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Seasons.NET

ちょっとした技術ブログです

JSHintでccがないぞとか...って怒られるときの解決方法

cocos2d jsbのコーディングをするときにSublime Textを使い、

JSHintで構文チェックをしているのですが、以下のコードが怒られます。

cc.Sprite.create("icon.png");

 cc is not defined...

 

ccは、cocos2d jsbのバインディングソースコードで動的に定義しているので、

var cc = cc || {};

的なコードを書けばJSHintの構文チェックを回避できるんですが、

ソースコードを分割した時に毎回ソースコードの先頭に記述するのは正直現実的ではありません。

 

そこで、このエラーを回避するためにJSHIntの設定ファイルをjsと同じフォルダに作成します。

.jshintrcというファイルを作成して、以下のように記述しましょう。

{

  "predef": ["cc"]

}

 ソースコードが a.jsとして、配置は以下のようになります。

- a.js

- .jshintrc

 

これでJSHIntで構文チェックをすると、ccが定義されていないというエラーはなくなります。

同様に、global変数も登録していくと良いと思います。

詳しくは、こちらをご覧ください。