Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Seasons.NET

ちょっとした技術ブログです

Boostビルド系ライブラリを使う時の注意点

boostには、ヘッダーだけincludeして使えるものと各プラットフォームで
ビルドしないといけないものがあります。

例えば「filesystem」です。


cmake版boost1.40をダウンロードしてきます。
ダウンロード後、展開し、以下のコマンドを実行します。

cmake -GXcode


これにより、

Boost.xcodeproj

が生成されます。


このプロジェクトを開き、利用したいライブラリをビルドします。
試しに、libboost_filesystem-mt.aをビルドしてみました。


ビルド後は、以下の場所にライブラリができてますから、
これを自分のプロジェクトにドロップしてあげます。
lib/Debug/libboost_filesystem-mt.a


そこで気をつけなくてはいけないのが、
ビルド設定。


このままでは、ビルド時に大量の警告がでるので、
シンボル情報の出力を合わせる設定を行います。
f:id:Seasons:20091223173101p:image


これを行った上でビルドをしてください。
警告がなくなります。


詳しい事は、こちらを参考に。
Controlling Symbol Visibility