Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Seasons.NET

ちょっとした技術ブログです

Titaniumでビルドエラーが出てしまって実行できない時の処方箋(カスタムビルドで困っている人向け)

Xcode 3でカスタムビルドを使っていた場合に
Xcode 4を入れて Titanium実機ビルドをしていると
build locationが以前の設定をひきずって反映されずに
ビルドによく失敗します。


こんな感じのエラーが出るときです。

Your TARGET_BUILD_DIR is ....


この場合、xcodeのプロジェクトファイルを直接開いて
修正するというのもご紹介しましたが、実はこれをやると実機ビルドや
シミュレータービルドをするときに毎回直す必要があり現実的ではありませんでした。


色々と調べていてやっとうまく行く方法が分かったので
備忘録として残しておきます。


Xcodeの設定関連が以下のフォルダに保存されているので開きます。
~/Library/Preferences/com.apple.Xcode.plist


なんでもいいのでTitaniumのXcodeのプロジェクトを開くと、
図の箇所にパスが設定されていると思うのでこれをコピーします。
f:id:Seasons:20110325183424j:image


このパスが先ほどのplist内に設定されている箇所があるので、検索、削除した後保存します。


これでxcodeを再起動して問題のプロジェクトを開くと
以前設定されていたパスはなくなっており、
buildというパスが設定されていると思います。


これでTitanium Developerでビルドし直すとうまくいくはずです。
ビルドがうまくいかなくて困っている方は是非試してみて下さい。


これでもうまくいかない場合は、id:okboyさんの
こちらの記事を参考にしてください。