Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Seasons.NET

ちょっとした技術ブログです

Unity iOSの実機インストールにはまったので備忘録

実は、Unity iOSのライセンスを買いました。Proじゃないですよ。
3万弱ぐらいで買える方のライセンスですね。


トライアルで使っていた時にインストールできなくて
はまったのですが、またもやその症状にはまってしまい
解決策も日本語で見当たらなかったので備忘録として残しておきます。


iOSのライセンスをアクティベートして、
さぁインストールや!って意気込んでBuildボタンを押すと
以下のような悲しいエラーがでるわけですよ。
f:id:Seasons:20110716033328p:image


まぁ言ってることは分かるんですが、
こんなエラーじゃ誰もわからんわけですよ。
そもそもiPhoneBundleIdentifierってのが項目としてどこにもないんですわ。


で、答えを先にいうと、BuildSettingsのPlayer Settingsをクリックしたときに
出現するInspector画面のBundle Identifierという項目のところの設定を
直せと言ってるわけですわ。
f:id:Seasons:20110716033620p:image
f:id:Seasons:20110716033829j:image


で、どう直すかというと、、、
まずは、iOS Program Portalにログインし、
AppIDに任意の名前を付けて新しいプロビジョニングファイルをこしらえます。


通常、AppIDに*アスタリスクを付けて作成しますよね。
これをとりあえず任意の名前で作ります。
私は、hata.bizとしました。


そのファイルをオーガナイザーに登録するとこんな感じになります。
f:id:Seasons:20110716034107j:image

この画面のアプリ識別子というところの
文字列をコピーして、先ほどのBundle Identifierに
ペーストしてあげればビルドがサクッと通ります。


Team Provisioning *でもいければ楽なのですが、
とりえあずこのように新規でプロビジョニングファイルを作成して対応しました。


追記:2011-07-17
nakamuraさんからコメントを頂いて、試しにBundleIdentifierに
com.keisukehata.testと入力しビルドしてみたところうまくビルドできました。

ですが、com.keisukehataだけではやはりビルドできないようで、
XXX.YYY.ZZZの文字列をUnity側でパースしてチェックしているような感じがします。